ストレスカウンセリング・センター

                住所 〒553−0033
                    大阪市東淀川区東中島1丁目17−5 ステュディオ 新大阪807号室
                目印 新大阪駅(旧国鉄または地下鉄)下車正面口より左斜め前方に
                    ダイキンエアコンという大きな看板のある11階建てのビルで歩道
                    橋を渡る。徒歩数分。

                    地図    
                    電話番号・FAX: 06-6325-3341  E-Mail メールアドレス

ご相談内容

  • 「閉じこもり」(思春期型不登校・出勤拒否など-「ひきこもり」を含む)
  • 低年齢型不登校
  • 非行・犯罪
  • 対人関係の悩み・家族関係の悩み
  • 仕事上のストレス
  • うつ・神経症・摂食障害などの症状

出版案内

センターについて

黒田さんのこと

 黒田耕太郎「心のみかた」の中での私の取材記事(「毎日新聞大阪本社刊」1999年平成11年6月21日、28日、7月5日、7月12日)毎日新聞記者の黒田耕太郎さんが毎日新聞に「心のみかた」のタイトルで週1回コラムを連載し、1998年4月6日から翌年12月20日まで計86回になりました。私の取材もあり、その中に掲載されました。
 黒田さんは私のカウンセリングの話にとても共感と関心をもっていただきました。
 のち、私のセンターをNPO法人にしたとき、黒田さんはその理事に就任していただき、定年退職して、故郷にもどられるまで暖かく協力していただきました。黒田さんにとても感謝しております。
 この「心のみかた」はまとめられ、著書として出版されました。
 黒田耕太郎著『心の解体新書ー心理カウンセリングをめぐる最新事情 』(白馬社)です。

Maikoさんのこと

完治レベルまで回復。エネルギーヒーラーの資格をとりカウンセリングも学び、なおせる側になりました。

Maiko
『お父さん、お母さんへ・告発と和解
  〜閉じこもり脱出の道標〜』
(ストレスカウンセリングセンター刊)
  

 

  回復とは、否定的な生き方から肯定的な生き方へ変わること。
  不安の強い。しんどい状態から元気になることです。

所長略歴

前川哲治(まえがわてつじ)
1929年(昭和4年)生まれ。
京都大学文学修士(心理学専攻)。
国家公務員上級職試験(心理学)で法務省
矯正局採用。大阪少年鑑別所、大阪刑務所、
和歌山少年鑑別所(鑑別課長)勤務。
関西大学学生相談室学生カウンセラーになる。
1979年「創造的カウンセリング・センター」を解説。
所長、関西心理センター(所長は精神科医)に勤務。
1987年新大阪駅前でストレスカウンセリング・センター
を開設、所長。
数年間、和歌山県立中央児童相談所に
電話相談指導員として非常勤勤務。
2002年(平成14年)5月NPO法人になる。理事長。
2010年(平成22年)9月〜2012年3月 大阪市立
青少年センターへ出張カウンセリング。
2012年(平成24年)12月末、NPO法人をやめ、
個人事業にもどる。

実績

 この世界は、お釈迦様が「苦の世界」といわれたように、つらいこと、困難なことなどに出会うのが当たり前のような世界です。
 私自身、生き方が下手で、長年、十二指腸潰瘍+対人恐怖に悩んできました。強い恐怖心から心の闇に入り込んだこともあります。 それでも、十二指腸潰瘍も対人恐怖も完治し、心の闇から立ち上がることもできました。 この世界は記憶を消されて生まれてくる、学校のような修行の場であることが理解できるようになりました。 私が自分なりに納得できるカウンセリングができるようになり、個人事業としてのカウンセリング・センターを設立して、30余年になります。 その90%以上が不登校・出勤拒否など「閉じこもり」のケースです。 親の方や本人さんなどがカウンセリングを継続していただいていると、容易でないとしても、多くの本人さんが元気を回復されることを実証できました。 だから、どの人のなかにもすばらしい可能性である光が宿っていることを確信しています。 ストレス(不安的な心のエネルギー)が体に過剰にたまると、心の症状や心身症があらわれます。 心の症状のもっとも重いレベルが「閉じこもり」です。しかししんどくてつらい状態は「閉じこもり」に限るわけではありません。 1人でも多くの方が元気を回復されるよう協力させていただくことが私のこの世界での役割であると感じています。 私の著書『「閉じこもり」から抜け出すには』(創元社)および初めての人にも読んでもらえるようにエッセンスをまとめた冊子「30余年間のカウンセリング体験で証明された、重要な真実」がご参考になるでしょう。
「30余年間のカウンセリング体験で証明された、重要な真実」 PDFファイル

カウンセリング

定休日 毎週火曜日・木曜日
受付時間 午前10時〜午後5時 (日曜、祝祭日も営業)
電話(06−6325−3341)で予約してください。
相談料
面接相談初回 2時間 10,000 円
2回目以降1時間 6,000 円
電話相談初回 1時間の場合6,000 円
2回目以降1時間 6,000 円
30分 3,000 円